コンサートとその後…

昨夜は、所属しているコーラスの指導者、『石鍋多加史』先生のコンサートをAさんご夫妻と楽しんできた。

http://enjoy.pial.jp/~choro-largo/isinabe-info/newpage8.htm

夫のKenは音楽には興味は無く、今までにコンサートに夫婦で出かけたことは数えるほど…。今回はAさんがチケットを4枚手に入れてくださって、『ハイご主人と一緒に…』と下さった。
『貴方、一緒に来ないと夕ご飯にはありつけないからネ』…というと意外や素直について来た?!

『声と尺八のコラボレーション』と題したコンサートで、開場前に長蛇の列。急遽補助席も用意するほどの盛況。石鍋先生のバリトンは定評があるらしくファンも多いそうだ。

先生の歌はレッスン中に良く聞いているが、コンサートで聞くのは初めて。豊かな表現と伸びやかな声。曲の解説もとても上手で楽しいコンサートだった。

『慟哭の尺八演奏家・大由鬼山』の演奏は凄い!!正統な尺八をはるかに越えた表現と技巧で圧倒されたが…。私には『凄いけど・クドイ』…と言うのが素直な感想。
でも『りんご追分』の曲の構成は見事だったし、スウィングしたところでは軽妙な味もあった。

第二部の『朱雀門』は『語り』のついたマンドリンのための合奏曲をピアノと尺八に編曲したもの。こちらはピアノ・尺八の演奏もとっても良かったが、『語り』…の素晴らしさに感動。石鍋先生は『俳優だぁ!!』・・と改めて感じ入りました。

Kenの感想…『僕は音楽のことは良く解からないが、あの人(石鍋先生)は芸人だねえ!いやはや素晴らしかった。良かったよ』…との感想でした。これ彼の最高の誉め言葉・…。

私があまり歩けないので、お手軽に最寄駅近くの中華のファミレスで二夫婦で夕食。なんと私は昨日、駅まで歩いて行って、コンサートを聞き、食事をして歩いて帰れたのです。これは3年ぶりの快挙です。

その上、エレベーターの中でA夫人に『我家でコーヒーでも・・』と誘われ、のこのこ付いて行って美味しいコーヒーとお酒までご馳走になり、お話が弾んで9時頃までお邪魔をしてしまった。

いやはや、シャイなKenは『お酒』が入ると途端に、『high』 なおしゃべりおじさんに変身するのです。・…楽しい一日でありました。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2005-02-14 13:36 | つぶやき
<< 迷惑メール 本日もカワセミ君 >>