カテゴリ:読書( 2 )

秋の夜長をどうやって過ごせばいいの?

図書館が本の整理で2週間もお休みになるというので、先週の日曜日Kenが9冊借りてきてくれた。友人から借りた、山口正介(山口瞳の長男)著「ぼくの父はこうして死んだ」とあわせて10冊。確かに先週の日曜日には未読の本が↓の画像のように私の手元にあり、これで2週間は大丈夫!!と思ったのだけれど・・・。
c0047115_2053093.jpg


ここのところ、「浅田次郎」を卒業して「篠田節子」・・を借りて来てもらっている。「篠田節子」を初めて読んだのはAさんが図書館に返却するために持っていらしたのを延長して借りて読んだのが「百年の恋」と「「女たちのジハード」・・面白かった!!その後「逃避行」「ハルモニア」・・と読んでこの作家と私、波長が合ってしまったような気がして、すっかりはまってしまった。

おまけに出歩ける体調ではなく、寝転んで本ばかり読んでいる毎日が続いていた。その所為かついに、首が回らなくなり、以前使っていた頚椎のコルセットを2日ばかり付けて過ごした。そんなこんなでもやはり本は手放せず、ついに後1冊を残すだけになってしまった。

「後1週間で1冊しか残っていない。どうしたらいいの?」・・・・とKenに言ったら「しらんよ!そんなこと。ちゃんと計算して読めばよかったのに・・・」と呆れられている。

速く、たくさん読んでも、ちっとも頭には入っていません。その証拠に「女たちのジハード」も「百年の恋」もすでに読んだのを知らずにKenが借りてきてくれたのをもう一度楽しく読みました?!

「ハルモニア」はとても印象に残り、「カノン」はいまいち・・。今日読んだ「第4の神話」も面白かった。残った一番分厚い「コンタクトゾーン」・・・今夜は眠たくなるまでこれを読むしかない・・・。やはり男性が書いた女性より、女性が書いた女性には共感できることが多いからかもしれない。「篠田節子」・・・楽しんでいます。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2007-09-23 20:58 | 読書

私って結構読書家?!

ここ数週間で読んだ本。このクッションを枕に本を広げると5ページも読むと、目の前がゆらゆらしてきて、昼間からふかーい眠りに入ったら最後、3時間は「起きなきゃ!起きなきゃ!」ともがいても起きあがれません。
c0047115_18411459.jpg


その代わり夜なら、1時間以上、12時を過ぎてもまだ読みたりなくて、短編ならあと一編だけ・・・とついつい夜更かし。朝がなかなか起きられ無いという悪循環。

遠藤周作「沈黙」今頃やっと読みました。「沈黙」の意味をこの本を読むまで取り違えていました。「転びパードレ」・・・岡田三右衛門が、なんと偶然にも、藤沢周平全集二十二巻「市塵」の中に、過去の人物として登場していました。

遠藤周作の作品は今まで軽い物ばかり、若いとき盲腸炎の手術の後病院のベッドで「狸狐庵先生」を読んで笑いが止まらず、抜糸も済んでいないお腹を押さえて痛い思いをしたのを思い出す。・・・是を読んだら「黄金の国」も読むべきでしょうね。

藤沢周平・全集は二十二巻まで読み終えました。待ちかねた「秘太刀馬の骨」、TVドラマとはかなり違った作品でしたね。やはり原作の方が良かった。犯人探しのミステリー風だが、最後が爽やかで良いのだが、ふと疑問も残る・・不思議な作品。二十六巻までと言ってたかしら・・・もう一息で全巻読破ですが、賢い頭ですから読む片方から忘れてゆきます。我ながら情けない。単行本などで三度ほど繰り返して読んだ物もあるのに・・・。

でも「市塵」は藤沢周平の歴史小説の中では一番私には読みやすく面白かった。「新井白石」学者で政治家。その運命の移り変わりと心の内。そして家庭人としての喜びや悲しみも深く心に沈めながらも寡黙に生きた「白石」という人物。日本には江戸時代に、ここまでの学者・政治家・外交家がいたのか!・・・と驚きを持って読み終えた。

「日日是好日」・・・コーラスを指導していただいている先生お勧めの一冊。本当に易しい気取りのない文章で、一言一言すーっと心に入ってくる。何の理屈もなく、お茶のお稽古を通して、いつの間にか少しずつ、解ってゆくことがある。

「雨の日は雨を聴きなさい。心も身体もここにいなさい。貴女の五感を使って、今を一心に味わいなさい。そうすれば解るはずだ。自由になる道は、いつでも今ここにある」

過去を悔やみ、未来に不安を感じるかぎり、安心して生きることは出来ない。毎日が良い日と思って生きてゆくことが出来れば・・・。「日々是好日」・・ふと涙がこぼれてくる。優しく心が癒されてゆく。薦めてくださった先生に感謝します。

後はPC関連ですね。所々拾い読み。いざというときまた取り出して読みましょう。それまで本棚に・・。

いくら本を読んでも賢くはならない私です。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2006-09-08 18:52 | 読書