<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

やっとカメラを持って・・・

・・・出かけました。

朝は、プールで2レーンを独り占め。コースの真ん中をゆっくり一人でクロール。A氏いわく「奥さんは金魚みたいな派手な水着を着て、ひらひらと・・・長いことよーおよぎますなぁ」・・・!?
・・・そうなんです。私のは泳いでいるというより、漂っている・・・とKenにも悪口を言われています。しかし・・・、今日はなんとノンストップで40分。

泳ぎながら、来月の合唱コンサートの曲を頭の中で歌っていましたら、知らない間に時間がたっていたというわけで、身体を鍛えながら(と言うよりは私はリラックスを目的に泳いでいます。プールの中でいるときが一番からだが楽なのです)暗譜も出来るという合理的なこと!

しかし曲によって、テンポが違うので、そこは脚のほうが3ビートだったり4ビートだったり・・。

午後はその勢いで、お酒を買いに行くというKenに途中で「薔薇園」で下ろしてもらい、撮影。帰りは迎えに来てもらう・・・という「運転手つき奥様」。

たくさん写してきましたが、なんだかむなしくなって来る。「花」はもともときれいなんだから、綺麗に撮れて当たり前。
c0047115_2264811.jpg


私の写真には「何かが足りないのでは・・」と頭を抱えています。自分が好き・・・と思えるのが、こんな写真なのです。
c0047115_2211264.jpg

シャッター優先で写していてそのまま忘れてスローシャッターでうつしてしまいました。でもこれが私は好き・・・。これが意図して写したものであれば、それはそれでいいのでしょうけれど・・。

それでは「これはどう?」・・・とKenに聞いてみたけれど、「うーーん?」といい返事がない。
c0047115_2295172.jpg


夕方、Aさんの「初孫ちゃん」を撮らせてもらいました。可愛い・ハンサムな赤ちゃんですが、これまた、シャッターチャンスが難しい・・・。
バッテリーが切れてしまいましたので、パソコンに取り込むのは明日になりますが・・・。

充実した一日ではありましたが、さすが背中から腰・足までジリジリと痛んでいます。しかし時々でもこんなに元気な日があれば・・・・文句は言いません。イイエ神様・仏様に感謝です。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2007-04-27 22:25 | 写真

千の風になって

コーラスのレッスンの後、誰から言うともなく誘い合って、月1度くらい『ランチ』を気の合った連中とご一緒することがある。その日は、「バーバちゃんデビュー」をしたAさんを祝って・・・というわけでもないのだけれど12人くらいで食事をしておしゃべり。12人もいると色んな話題が2つくらい分かれて出て、ファミレスの中では、大きな声で話さないとなかなか聞こえない。

そこで全員で話題になったのは「千の風になって」・・の歌。大晦日の紅白で初めて私は聴き、さほどの感動を覚えたわけではなく、むしろ、あのオペラ歌手の「日本語」に美しさを感じなかったのだけれど・・。その後、いやその前からじわじわと広がっていたらしいのだが、大流行。コーラスの指導者の石鍋先生もある集まりで歌ったら、とても喜ばれたそうで「なんだかよく分からない歌詞だけど、今流行ってるんですね?」と言っていらした。

ほとんどの方がこの曲に興味を持ってて「歌ってみたい」「楽譜が欲しい」といって、評判のいいのは「新井満」さんの歌がとってもいい。「聴くたびに涙が出る」・・と。

・・・で早速「千の風になって」で、検索してみましたら、沢山でました。先ずは「新井満」さんのサイトで、この曲の訳詩・作曲のきっかけや思いを・・・・そういえばちょっとだけNHKでみました。たくさんの方がこの曲で癒されたと・・・。

CDの試聴で聞いた「新井満」さんの歌は、声を張り上げて歌い上げるのではなくて、むしろつぶやくように優しく、悲しい別れに心痛んだ人を慰めます。この歌にピッタリの歌い方だと思いました。

しかし、この歌に対してのバッシングも強いようです。もともとの詩のルーツが判明して『この詩は私だけのものじゃないの、皆のものよ。今でもそう思うの。これは、愛や安らぎについて書いたのよ、もし私がお金を受け取ったりしたら、意味が無くなるわ・・・』 と著作権を放棄していることを、インタビューで語ったそうです。

それに引き換え、今日本ではCD・DVD.画像集・・など「千の風に乗った商品が」あふれ、葬祭場でもこの音楽を流すところもあるらしく、いろいろと異論を唱える人たちが増えているのも事実らしい。『新井満」さんのサイトの掲示板には「アラシ」が増えて、サイトの管理人さんも手を焼いているようです。

また、この英語の詩を古くから愛してきた人のサイトもあって、今の風潮を嘆いている・・。

しかし、多くの人の心を惹き付け、慰め、癒したということは真実。原曲(?)も聴いてみたけれど、はるかに「新井満」さんの曲のほうが出来がいい。

心から愛していた人に去られたとき、少しでも慰められる言葉や歌があれば、生き残った人たちに希望や勇気を与えてくれるだろう。・・・今の私にさほどの大きな感動が得られないということは、私がまだそんなに深い悲しみを背負っていないということだと思う。シアワセなことだとつくづく思っています。

・・でも、ここのところふと気がつくとこの歌を歌っています。「ねむってなんかいません」・・・のリズムがなんとも・・魅力的なのです。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2007-04-20 14:20 | つぶやき

筍・・・ゴチソウサマ!!

今年も、奈良に住むKenの親友・Mokaさんから掘りたて筍が届きました。早速お礼のお電話をしました。

「今年は出来が遅かったのですが、土からほんの1~2センチ顔を出したばかりのを、掘り出して、お好きだと聞いてたので一番にお宅に送りしました・・・』との事。(実はもう待ちきれずに2度ほど買って食べましたが、未だ小さくて高かった!! )たくさん送ってくださったので、しばらくいろいろ楽しめます。

今夜は「生の切り昆布」と炊き合わせ。一緒に入れててくださった木の芽で「木の芽和え」です。
Aさんといい、Mokaさんといい、美味しい野菜作りの友人に感謝です。

でも、定年退職後は「半農半漁」(釣りと菜園)の生活を「こんなに楽しい人生があったか!!」・・としばらく感激していた、実家の兄も最近では「畑仕事がきつくて・・・」とこぼしています。

いまどき、無農薬の野菜作りがどんなに大変か!・・・その上、高い送料をかけて送ってくださって、本当にありがたいことだと、感謝して美味しく頂いています。

さて、今夜の献立は↓に「赤魚の粕漬」を焼き「牛蒡と牛肉の佃煮」を添えました。栄養学的にはどうか分かりませんが、Kenのお酒はいつもより進んだかもしれません。
c0047115_2021242.jpg

[PR]
by hello-dolly-3 | 2007-04-16 20:28 | つぶやき

春はスタートの季節

私は何をスタートすべきか・・・??

せっかく買ったデジイチ、何とかマシな画像をと、あせる気持ちはあるけれど、なかなか身体がついてゆきませんので・・・。

・・で、この春、我が家から歩いて5分ほどのところに「生涯学習センター」なるものが出来て、『アリーナ」が併設され、プールが出来たのです。1回¥500。、一ヶ月定期は¥5000。しかも私はもうすぐ6○歳になりますので、¥2500で定期を買うことが出来ます。ひとまず¥5000の1ヶ月定期を買いましたので、ここのところ毎日、出かけています。

プールは少し浅いし、今まで通っていたスポーツジムのようにお風呂もサウナもミストサウナもありませんが、新しくて広くて快適です。おまけに未だあまり知られていないのか、空いていて、1コースをほとんど独り占め・・・。ゆっくり20分くらいクロールで泳ぎ(途中魚になったような気分です)程よい温度のジャグジーで身体を温めます。

時にはリュックにカメラを入れて、公園に寄り道をしたり、スーパーまで足を伸ばして、夫を呼び寄せ荷物を持ってもらって買い物も出来ました。自転車で行けば夫に荷物を持ってもらわなくとも買い物が出来ます。(今は夫が私の書いた、買い物リストを持って買ってきてくれている)

今日は、プールはお休み。カメラを持って公園に行ったものの、カワセミには逃げられて・・・最近振られっ放し・・。午後からは痛みが強く、プールで泳いだ日のほうが楽なのかしら・・??

私のスタートは「体力づくり」に決まりですね。そのうち、かなり自立した生活ができるようになればいと思いますが・・・。せっかく「主夫」をしているKenをその座から降りてもらうのも気の毒ですが・・・?!

Kenも一緒に行こうと誘っているのですが、なかなかの頑固者で、私の手には負えません。↓の画像は嫁のKちゃんたちと先週お花見に行ったときの2人のお腹です。Kちゃんのお腹には小さな赤ちゃんが入っていますが、Kenのお腹には「内臓脂肪」がたっぷり!!
c0047115_2321566.jpg

Aさんが昨日の早朝、「おばぁちゃん」になりました。写真を見せていただいたら、なんともハンサムな男の子!!「しーじ・ばーばの仲間入りおめでとう・・・!!」とお祝い申し上げます。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2007-04-10 23:10 | つぶやき

土筆んぼ

Aさんご実家の畑は広くて、野菜や花や果物・・・と色んなものが植えられている。
ご病気で入院中のお母様。近くの有料老人ホームに入所されているお義父様。それに臨月でお里帰りのお嬢様・・・のお世話で、目の回るようなお忙しさの中でも畑の作物は、どんどん育ってゆくし、草も生えてくる。おかげさまで時々、いえ、再々、美しい花やお野菜を頂く。

冬は立派な三浦大根や唐の芋。春はふきのとうだったり、菜の花、ブロッコリー・・・。勿論無農薬なので安心。新鮮だから美味しい・・・。元気なら少し草抜きのお手伝いをしなければバチが当たりそうなのですが・・・。ただありがた~く頂くばかりです。

今日は、西洋石楠花と花菜と沢山の「土筆」をいただきました。夕方ちょっと支度にかかるのが遅くなって、土筆のはかまを取るのにKenに手伝ってもらいましたが、お夕飯に間に合う分だけ取って、丁寧に水洗い。緑色の胞子がいっぱい出ます。さっと茹でて、軽く絞り、少しの油でいためて、砂糖としょうゆでからりと煮上げます。花かつおをまぶして出来上がり。

半分はAさんに「ご主人のお酒の肴に・・・」とお分けしました。何でも、以前一度作ってみたものの、ご家族には不評だったそうで・・・。私の作ったのはどうかしら・・?

なんということはない味なんですけど・・・。口の中に胞子の粉が少し広がってを食べているような気がしました。
c0047115_21181327.jpg


そして先週頂いた「牡丹の花」見事に咲きました。花びらがまるで蝋で作ったような美しさ。Aさんのお宅では水揚げしなかったそうですが、我が家では蕾が開くまで何度も切り戻したら、咲いてくれました。Aさんにはお礼に画像をお送りしなければ・・と思っています。
c0047115_21342045.jpg

[PR]
by hello-dolly-3 | 2007-04-06 21:27 | つぶやき