<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

富良野スキー旅 22日

昨夜の腰の痛みは、今朝は綺麗に取れています。朝食のバイキングはツアー料金に含まれて、いつもは極く質素な朝食ですのに、いろいろと並んでいるとついお皿に取りすぎます。それでもKeのお皿から、トマトジュース・・・一口失敬しました。

ここ富良野スキー場はもともとあった「北の峰ゾーン」と「富良野ゾーン」の2つのスキー場がつながって広く楽しめるようになっています。15年(?)位前までは私も、「北の峰」の「レディースダウンヒル」や「ジャイアントコース」を元気よく滑り降りたり(転げ降りたり)したものですが、富良野ゾーンからの連絡コースには途中かなりの上り坂があり、足腰の弱った私には到底無理なので、ホテルの「シャトルバス」で「北の峰」まで移動。リフト乗り場で落ち合う事にしました。

初級ゲレンデは広くて一体どちらに向かって滑り降りれば好いのでしょう・・・というくらいで、富良野の町全体を見下ろせる・・・・・ここも好いスキー場です。ただしゴンドラに乗ってしまえば、終点は突然上級社コースがあり、迂回コースがあるものの幅が狭くてあまり気持ちの好いコースではありませんし、もう私の体力では、途中の「ジャイアントコース」は無理というもの・・・。

しばし、ここで滑ってお昼は「富良野ゾーン」のレストランで「ラーメン」を食べる事にして、またもや「シャトルバス」乗り場へ、スキーで滑り込みます。ところがバスの時間がかなりあり、ホテルのまえで待っているとき、懐かしい友人からのメールが・・・「心配していたNちゃんの乳がんの転移は検査の結果「シロ」だった」と知らせてくださった。「良かった!!」

結局、シャトルバスより先に着いた路線バスに乗せてもらい、約束の時間より少し遅れて「富良野ゾーンへ」。「ラーメン」美味しかった!!後はゴンドラで2往復。途中2度転び、一度はH夫人に起こしてもらい、2度目はKenに起こして貰った。へへ・・・。転んだら起きられないスキーヤー。転ばないように慎重に滑っているのですが、どうも平らな場所に来ると油断して転ぶというより、座り込んでりこんでしまう・・・・。本当にはた迷惑なスキーヤーです。
c0047115_22105778.jpg

私は早めに引き上げ、スキーロッカーの前で、30分ぐらいKenの帰りを待ちます。何故かといいますと、「靴が自分で脱げないのです」・・・???長い間痛みをこらえていた背中の筋肉が縮んでしまって、おまけにコルセットが邪魔して、俯くことが出来ません。それでもやっとバックルをはずし、Kenが帰ってきてから力いっぱい引き抜いてもらいます。

スキー靴って・・・・窮屈なギプスを着けているのと同じです。靴を脱いだKenは決まって「あ~~!足がニコニコしている!!」・・・と言います。ゴルフといい、スキーといい、重い道具や小物をいっぱい必要とする、お金のかかる贅沢なスポーツを「ビンボー」な私達が(私はもうゴルフはあきらめました)何とか年に一度でも楽しめることは本当に幸せです。

4時過ぎまでは頑張って滑っている元気なHご夫妻。部屋で休んでいると「お風呂に行きますか?」とお電話でお部屋のバスは使わずにサウナやプールのある大(?)浴場で身体を温めます。その後またH氏のお部屋で「ビールで乾杯!」・・・。今日は昨年、女房達に振られて、男二人で来たときに、行ったという「中華のバイキング」に予約を入れました。帰りは「ニングルテラス」にミセスと二人で行く予定で、ダウンコートを持って出かけました。

さて、食いしん坊の皆様!「中華のバイキング」は一人¥3000(?)・・・昨夜よりお安いバイキングで、男性陣「昨日のほうが良かったね」を連発・・。でも、結構頑張っていましたよ、お値段の割には・・・。お客が少なくてH氏しきりと「コレでは経営が成り立たない・・。赤字だろう?・・」・・つい現役のときの原価計算が働くらしい・・・・。
「お父さん、そんな心配しないで、楽しく美味しく食べましょうよ・・」とたしなめるミセス。しかしH氏の心配は昼間の中華レストランの「ラーメン屋さん」の食券の通し番号が売り上げ数だとすれば・・一日アレだけの売り上げでは赤字ではないのだろうかと・・・・これまた、H氏の心配は尽きない・・・・。「まぁ土日は、結構混むのでしょう・・・」と心配を慰めるしかありません。

美味しかったメニュー・・・

@スモークサーモン・・・たまねぎスライスたっぷりに美味しいドレッシングをかけてたくさん頂きました。私の好物です。

@酢豚・・香酢を使った甘酸っぱさ・・・香りがあって美味しかった。

@海老のマヨネーズフリッター・・・海老のフリッターをマヨネーズで合えたのでしょうか?美味しかった!!

@焼きそば・・・野菜あんかけ

@胡麻プリン

・・・といったところでしょうか?

さて、夫たちと分かれてミセスと二人でニングルテラスへ。Kenはレストランの経営状態よりニングルテラスでの妻の無駄使いのほうが心配か?
c0047115_22101066.jpg

入り口で記念撮影をしていたら、「写しましょうか?」と若い女性がシャッターを切ってくださった。お目当ては、TVドラマ「優しい時間」で主人公の女性が教わって作る「銀細工の雪の結晶のペンダント」・・・・小さなニングル(妖精)の小屋のようなお店の、素敵な手作りの作品を何軒か覗いて、たどり着いたらなんと先ほどシャッターを切ってくださった方のお店だった。

「雪の結晶は一つづつ形が違っているように手作りですから、どれも同じものはありません」・・・と銀の粘土をこねて型に入れて、炉で焼き、丁寧に磨くのだと教えてくれました。

さて、お友達にお土産を・・・と思いましたが、ちょっと高すぎて・・・やはり1万円以上。安くても5~6千円。ふと見ると同じデザインで安いのがあって「コレは銀メッキですお手入れはこちらのほうがずっと簡単ですよ」との事でこちらで我慢をしてもらうことに??

ミセスHは「お気に入り」が見つかりました。困ったことにそれに合うシルバーのチェーンも素敵なのが・・・。困りましたが(?)買いました。私が払うわけではありませんので、無責任に「買ったら?」と薦めます。だってよく似合っているのですから・・・。私は「銀メッキ」の「小さな結晶」が似合うといわれ、お財布にもピッタリで買いました。
c0047115_2229187.jpg


帰る途中、気になるお店に足が止まります。やはり大好きな「ガラスやさん」
カラフルなガラスの時計や真っ白のアクセサリー。ガラス板をぶら下げたチャイムがとっても素敵な音を奏でます。どれも違った綺麗な音色で、欲しかったけれど、素材がガラスですからドアチャイムにはちょっと心配で・・・。お店の主はダンディーな方です。ちょっとお話をしているうちに、すっかり打ち解けてしまってしばらくお話が盛り上がってしまいました。ユニークな生き方をされている方で、私と同年輩なのに9歳のお嬢さんがいらっしゃるそうです。写真を写させていただきました。WEBサイトはこちらです。
http://web.mac.com/kao560/iWeb/Site/372FC363-923B-43EE-BEA6-985145F74A53.html
c0047115_2238519.jpg

記念に「ペンダントヘッドのセット」を買いました。UriちゃんかKちゃんがアクセサリーを作るのに気に入ってもらえるかな???

富良野は不思議な町です。富良野に惹かれ倉本聡さんから「ニングルテラス」のプロジェクトを聞かされここにお店を出されたそうです。大阪生まれ、照明器具会社の社長を50歳で弟にゆずり、全国を回って富良野に落ち着かれた、ステンドグラスのデザイナーです。私達も不思議な出会いをしたものです。

さてさて、2日目の夜も充実。明日はいよいよ「富良野・美瑛のホテルのバス観光コース」に参加です。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2008-01-31 23:13 | 旅行

富良野スキー旅 20~21日

まぁ、旅行が決まると、私の神経痛が暴れ出すのは何時ものこと。とはいえ今年の冷え込みは激しく、痛みも派手!!

前夜は息子の家に泊めてもらい「お引っ越し前の忙しいときにご迷惑かけてすみませんねえ」と言いながらも(またルナに会える)と内心ニンマリの二人でありました。

猫の桃太郎、寒い・寒いとこんなところで座り込んでいました。
c0047115_11302073.jpg


ルナはますます表情豊かになり、何やら一生懸命お話しています。
c0047115_11321578.jpg


桃ちゃんを見せると笑って話しかけるのですが、彼はルナの存在を認めたくない(やきもち焼きです)ので知らん振りです。その上ルナの授乳が終わるとえさをねだります。

心配した21日早朝の積雪の予報は見事に外れて、予定通りのフライトで無事、富良野に11時に到着。前日まで3日連続凄い冷え込みでとてもスキーなど出来ないとホテルに逃げ込むお客さんが多かったそうなのに、今日からは冷え込みも緩んで、薄曇。12時半位にはもうゲレンデ。緩いプリンスコースを先ず一本。「コワイ!!」最初の一本はヒヤヒヤしながら滑りました。次に「高速リフト」・・長距離を短時間で着きますし、なによりフード付・足置き付ですので載っていて楽です。少しづつ慣れてきて、これなら「ゴンドラ」で山頂まで行けるか?・・とKenが私のスキー板も持ってくれ、私はストックを4本ついて101人乗りのゴンドラへ。

雪はちらほらですが、薄曇で綺麗に圧雪されていて楽に滑ることが出来ました。途中直滑降でスピードをつけて凹のコースもこなし、まず一日目は難なく山頂からのコースを2本滑って私は早めに切り上げました。

さりげなく、ナイショで買ったコンデジをポケットから取り出す私。雲の切れ目から太陽が顔を出すタイミングを計ってもう少しだよ・・・と教えるKen。そういえば、前夜ルナを写すのにコンデジを取り出したら嫁のKちゃん、小声で「お母さんのブログに書いてあったデジカメってこれですか?」って聞いてたっけ・・・。「そうそう、コレは何でもありません。お父さんには見えません」?!
c0047115_11531122.jpg


ホテルのチェックインが3時からでしたので、預けたトランクやバッグをワゴンに積んで部屋に入ったら、ラッキーなことに窓の外はゲレンデ!!今までで初めてです。安いツアーはゲレンデ側には泊めてもらえないのか・・と思ってましたのに・・。山頂までよく見えていい眺めです。

お風呂に入って疲れを取り、先ずは隣のHさんのお部屋でビールで乾杯!!・・・美味しいけど私は一口だけ。あとは毎年Kenが持ち込む「沖縄焼酎」・・・。まぁ食前酒というか、少し下ごしらえ・・・というか・・・。

今夜の食事は「和洋中華のバイキング」に決まり、予約を入れて繰り出します。
メニューの多さと素材の良さ、味付けも良くて・・・・つい食べすぎましたが、デザートが又美味しくて・・・。しばらくしてこのコースのお値段は?・・と聞きましたら、誰も知らない?!
後で聞きましたら¥4200でした。良かった!!1万円とか言われたら「聞いてない!」といって頑張ろうか?なんてみんなで話してたところでしたので・・。プリンスホテルもいろいろサービスがよくなりました。・・・確か¥5000のバイキングがあったのは覚えていますが・・・。あまり感心はしなかったように・・・思っていましたが・・・。

そうそう、ここには食いしん坊の皆さんが訪れることでしょうから、美味しかったメニューを紹介しておきますね。

「ローストビーフ」(富良野和牛でしょうか?赤身でやわらかくジューシー)

「タラバガニ」(身がいっぱい詰まってます。私は面倒くさがりやなので、極太ももを一切れ。美味しくてお代わりをしましたが、後からのはなぜか塩味が濃かった。)

「スパイシーカレー」ジンジャー・ライス添え。(ほんの一口だけのカレーライスってスキ!)

「お刺身」・・・ミセスHが別皿にみんなの分まで貰ってきてくれました。

「一口・餃子」パリパリに焼けてて、美味しかった。

「アイスクリーム」なんたってふらのの牛乳は美味しいからね。

「プリン」・・これは逸品でした!!キャラメルソースというよりはまさに「キャラメル」カリカリとまるで薄氷の食感とプルプルのプリン!!みんなでお代わりをしたほど!

後は忘れました・・・。H氏の最後の締めは「ラーメン」。注文をしたらテーブルまでまで出来たてを持ってきてくれます。小さな可愛いどんぶりに入っています。とっても美味しかったそうです。

男性達がお会計をしている間に「ふらのガラスのショップ」をミセスと覗いて、可愛いストラップ(ガラスではない)を物色。小さな四葉のクローバーが入っているのを買う。

9時過ぎにベッドに入り、いつものように本を読もうと思ったのに何行読んでも頭に入らず・・・あきらめてすぐ寝入ってしまいました。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2008-01-27 12:38 | 旅行

富良野スキー旅行

とりあえず、昨夜というか今日の午前1時頃、ヘロヘロながらも、五体満足(?)で帰って来ました。

出発前夜は長男宅に泊めてもらい、21日、高速バス乗り場まで午前4時45分のタクシーで出発。前夜から雪が降るとの予報で心配しましたが、予報が外れてラッキーでした。

滞在中は前日まで3日連続の強い冷え込みが緩んで好いコンディションでした。私も初日午後からと、翌日はスキー、中1日はワイン工場見学や美術館めぐりなどのホテル企画のバスツーに参加。写真を写したり、「優しい時間」の喫茶店「森の時計」でホテルでゆっくり出来ました。

最終日は「大荒れ」の予報が、日本海側に逸れ、富良野は午前中は少し吹雪いたものの、お昼からは晴れ間も見えて、旭川空港はほぼ予定通りのフライトで旅程前後の悪天候の合間に「いいとこ取り」をしたような、ラッキーな旅でした。

2台のカメラで写した写真の整理がなかなかつかず、困っています。

それで、とりあえずの1枚だけ・・・。
23日素晴らしく晴れた十勝岳・・・??(富良野岳かも?)です。調べてみます。
c0047115_21274985.jpg


旅のご報告は、また順次UPして行きたいと思っています。
派手に何度も転んだり、ハプニングで体中の筋肉が悲鳴を上げていますが、元気です。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2008-01-25 21:42 | 旅行

ば・ばれてる・・・・!

一昨日、ホームセンターに行くというKenと車で「100円ショップ」に行きたいからと、一緒に出かけた。コンデジの袋を物色するつもりで・・・。

OAサプライのところでしばらく探したけれど無くて、化粧ポーチにカメラを入れたり出したりしているところに、Kenがやってきて「何してるの?それは何だ?」と見られてしまった!!

とっさに取った私の行動は?・・・「な~んでもない!」・・と背中で隠してしまった???(見なかったことにして頂戴!!)・・・・・委細を知ったKenではありますが、無言でした。賢い人ですからケチだと思われてもイヤだと思ったのでしょう。そうあれは、なんでもありません。あなたは何にも見なかった・・・????

いやはや・・・ヘンな夫婦です。この後また何か反応がきっとあると思います。興味のある方は・・・???・・・無くてもまたご報告します。まぁ、いまさら離婚問題にまでは発展しないとは思いますが・・・。乞うご期待!!
[PR]
by hello-dolly-3 | 2008-01-16 20:18 | つぶやき

お試し・・・

寒くて、腰は痛むけれど・・・寝てばかりはいられないと、プールへ・・・。
途中で痛みが強くなり、早めに切り上げる。

勿論、バッグにはnewカメラが入っている。思っていたより軽いけれど大きい。(ポケットには無理・・・)

ここはプールのある「生涯学習センター」の前です。大きな画像では、電車が走っていました。これでは見えませんが・・。
c0047115_2322580.jpg

とがった屋根の建物は貸しギャラリーです。大抵空いている・・・。螺旋階段の小道。
c0047115_23222589.jpg

テナントビルの1階が何時までも埋まらない。エスカレーターも止まったまま・・・。
c0047115_23223944.jpg

素敵な白い家にレンガ塀と可愛いランタン・・・
c0047115_23225569.jpg

我が家で。暮れに買った「シクラメン」とべランダの「パンジー」
c0047115_23231295.jpg

[PR]
by hello-dolly-3 | 2008-01-13 23:32 | 写真

生涯最後のカメラ・・・???

Kenに今のKiss Degi を買うとき「生涯最後のカメラだぞ!!」と念を押されていた私ですが・・・。

俗に「女、7人子をなすとも心許すまじ」とか「知らぬは亭主ばかりなり」とか申します。私、買いました。Kenにナイショで、又,生涯最後のカメラを・・・。

本当に欲しかったのはRICOHのGRⅡ・・・さる方のブログの描写力の素晴らしさに・・・惹かれました。カメラやさんで触れさせてもらいました。凄い!!かなりマニアックなカメラで、カメラの前で手を勢いよく振ってもISO感度をあげればシャープに止めてみせます。マクロのボケ感も素敵で布の繊維まではっきりくっきり!!・・・デジイチ・・・以上かもしれません。今大人気のカメラです。・・・とっても魅力を感じました。同時にそれのすぐ下の機種でGX100も見せてもらいましたが・・・。GRⅡを見た後では・・・・。でもこれが二番人気。店頭には先日も今日もありませんでした。

しかし、GRⅡは単焦点のカメラでズームは出来ません。腰の痛い私は写したいところまで歩けるかどうかが一番の不安です。手持ちのカメラでいろいろズームしないで写してみてもよく分からないけれど、私には不利なような気がしました。ではGX-100という手もあるけれど少し重い。

デジイチもある。ネオ一眼のFZ5もテレコンをつけるとカワセミも何とか写せます。でもちょっとハンドバッグに入れて持ち運ぶには軽いのだけれど、かさばります。小さなバッグやポケットに入れて、何時も持っていたい・・・・コンデジが欲しい・・・欲しい欲しい病が出てきました。(これをレンズ沼というそうです)

21日からのスキー旅行にゲレンデに持ってゆくにはどちらのカメラもリュックが必要です。手軽にポケットから出して写したい・・・・。

数日前からコソコソとAさんのコンデジの機種を聞いたり、画像を見せていただいたり・・・。パンフが散らばってたり・・・・。挙句の果てに預金通帳を手元に置いてあったのが今朝ばれてしまった。「どうして通帳なんて自分で持ってるんだ?」と尋ねられ「ちょっと買いたいものがあるから・・・」・・・・。「いくらぐらいおろすつもりなのか?」と聞かれて、つい「3万円くらい」・・・と答えてしまった。・・・・到底それでは足りません。

今日、プールに行った後、カメラやさんに寄りました。手元にあったお金を全部持って・・・。(預金通帳はKenがシニア定期とかに預け替えてあげるとか行って持っていってしまったので・・)

・・・で結論は、NIKON COOLPIX P-5100 そこそこの値段で買えて、(預金を下ろさなくても)そこそこ楽しめる。その割りに画素数が大きい(大きすぎるかも)手ぶれ補正・流行のスクエアーも撮れる。おまかせで失敗が少ない。軽いし、その割りに手にシッカリと持ちやすい形・・・。

初めの予定とは大きく変わりましたが、自分の能力と体力と経済力にピッタリを選んでもらい、納得して買いました。思いがけない機種だったので、「クチコミ情報」も見ていないし、この選択が正しかったかどうか分かりませんが・・・。ただ画角は狭かったかも・・・。でも広角の画面が欲しいときはデジイチを使えば好いのですから・・・。

きっと、何時も私から離れられないペットカメラになると思います。先ずは4:3の画像とスクエアーを写してみました。
c0047115_21194488.jpg

c0047115_2120174.jpg

Kenにばれた時の反応をお楽しみに・・。(>_<)

さぁ!明日からためし撮りです。出発までにいろいろ勉強しておかなければ・・・。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2008-01-11 21:39 | 写真

我が家の年末年始ドタバタ劇

まぁ、ドタバタしているのは年末年始だけではないのですが・・。

長男一家は最寄り駅で次男夫婦2人を車で拾って、31日の夕方、我が家に着くことになっていた。そろそろ兄弟たちが落ち合う予定時間に次男から電話。
「朝からな~んにも食べてないんだよ。お腹が空いてるから、着いたらすぐ食べられるようにピザを注文しといて~」・・・。内心お餅でも焼いて食べとけば・・・と思ったけれど、夕飯の支度まで待てないのならと、オードブル代わりにもなるかと大きなのを注文した。

大晦日の夜は長男がすき焼き用のお肉を差し入れてくれるとの事で、我が家ではお野菜その他と年越しそばと「お刺身」を用意することになっていた。

4時過ぎKenが近くのスーパー「魚◎」にお刺身を買いに行ってくれた。「ピザとすき焼きがあるからあんまりたくさん無くてもいいから・・・」と前日見て来た盛り合わせの大きいほうから2番目位のを買ってくるように頼んだ。

さて、みんなの到着前にKenが帰ってきて「オイ、刺身は無かったよ。寿司を作るのが忙しくて、刺身の盛り合わせが出来ないんだそうだ。だから・・・」・・・(とここで得意そうに)「オードブルの盛り合わせを買ってきたよ」・・・・(~_~)
「すき焼き」に「ピザ」に「オードブル(から揚げ・エビチリ・他揚げ物ばかり・・・)」

「脂っこい物ばっかりじゃないの!少しは食べ物のバランスを考えてよ。」・・・なんだか聞いただけで胸焼けがしてきた私。
「じゃぁ、どうすればよかったんだよ!!何か買わなくちゃと思ってせっかく買ってきたのに!」と怒るKen。電話でもしてくれれば良かったのに・・・・・。

レストランでも自分の食べたいものがなかなか決まらない。「任せる」といって座っているKenです。決して味覚音痴ではないのですが・・献立・メニューの組み合わせが不得手。困ったものです。やはり日ごろの教育が悪かったか?

勿論、到着した息子達からも呆れられていました。

息子達はアトピー体質でなるたけ肉類は避けているし、私も高脂血症でお肉は食べるけれど少量にしている。1年に1・2回はいいのでは・・・・と思ったとおり、みんな久しぶりの霜降り和牛のすき焼きを堪能してました。長男には散財させてしまいましたが・・・・。ピザも結構美味しかったし、私の手作りのあまり辛くない「朝鮮漬け」もよく売れました。

〆はざるそば・・・・でしたが、もうお腹はいっぱい。
「オードブル」・・・・90%は残りました。

11時半ごろ私とKちゃんとルナを残して、みんなで初詣にいつもの神社へ・・・。私は、お風呂に入って12時半ごろには寝ましたが、なんとルナは2時ごろまでぐずっていたそうです。やはり、夜行性のルナ。

さて、翌・元旦。おせちは一応手作りしました。2人のお嫁さんに手伝ってもらって、お重に詰めて、お雑煮の用意。オット、その前に神様と仏様にお雑煮とお神酒をお供えします。薄くお餅を切って、白味噌仕立ての雑煮の汁をかけます。お供えするのはKenの役目。

Kちゃんに徳利を出してお湯で洗って貰いました。お酒を入れようと思ったら、空のまんま食卓に並んでました(*^_^*)。

じょうごを使って徳利の下に皿を置きMちゃんにお酒を入れてもらいました。レンジでお燗をしようと思ったら徳利がありません。またもや食卓に並んでました(*^_^*)。

そうですよね。最近はお酒を燗するなんて事、あまりなくなりましたよね。我が家でもそうですから・・・。だから若い人は軽い味の日本酒を好むようになったのでしょう。ほとんどグラスで冷えた日本酒をのんでいるようです。

お燗したお屠蘇で「おめでとうございます」・・・・・ちょっと今年の「たたき牛蒡」は味が濃かったようですが、みんなに美味しい・・・と喜んでもらえたと思ってるおめでたい私。

母乳を飲ませているKちゃんはパパの目が厳しくてほんの一口だけ。パパも今朝はあまり飲めません。時間を置いてから車で帰らなくてはなりませんから。

それにしても昨夜からビールは6缶くらい・ワイン1本・日本酒(こだわりの斉藤さんのお酒・・・とっても美味しいお酒です)1升半ほど・・・・。さすがのんべの夫の息子達です。いけるクチだった私とKちゃんは飲めませんが(私は薬を飲んでいるから)アメリカで結構修行してきたMちゃん、紅一点で頑張っていました。

さてお雑煮を食べ終わって片付けたら、もう次男たちは帰らなくてはなりません。バスケの合宿に行っていたトーヤが帰ってくるのです。残ったおせちをあれこれ少しづつ詰め合わせて、10時過ぎに帰ってゆきました。

長男一家も大いに注目の的だったルナと12時を過ぎたら帰り。あっという間のことだったように感じましたが、楽しかったけれど、結構疲れてました。ホットカーペットの上で毛布に包まって夕方までぐっすりでした。

・・・でもこうやって息子達が家族を連れて和やかにやってきてくれるのが、一番の幸せだと思います。来年はトーヤやアーヤの予定でMちゃんも忙しくなるそうで、無理かもしれないそうです。・・・だんだん孫達もそれぞれの世界を作って成長して行くのです。

わずかばかりの「お年玉」を「ありがとうございます」と可愛いご挨拶の電話を今日貰いました。昨夜ママの田舎からかえってきたそうです。お正月も終わりましたね・・・・。

ルナ・・生後2ヶ月半、舌を出してにっこりです。
c0047115_20593049.jpg


これが年末年始・・・我が家のドタバタ劇でした。長々とお付き合いしていただけたかどうか・・・?
[PR]
by hello-dolly-3 | 2008-01-06 21:13 | つぶやき

明けましておめでとうございます

c0047115_20393544.jpg


とっても遅ればせのご挨拶ですみません。

何とか暮れの大掃除もテキトーに済ますことが出来、おせち料理もいつもどおりに、品数だけはこなし・・・、大晦日には長男一家3人(一人は2ヶ月半の赤ん坊)と次男夫婦(子供達はそれぞれのスケジュールがあって来られなかった)と私達夫婦と7人で無事めでたく年越しをしました。

生後2ヶ月半のルナは順調に成長し、小柄ながらもうそろそろ首も座りそうにしっかりして来ました。あやすと笑い、赤ちゃん言葉でなにやらしゃべり出し、動くものを目で追っています。

まぁ、みんなのおもちゃというか、人気独り占め・・・。しかし・・。夜行性!?午前2時までぐずって寝ません。Kenは1時45分まで付き合ったそうですが・・・。いつものことだそうで、ママもパパも「かんべんしてよ~~」といった感じでした。時差を矯正するためには一日一時間ずつでも早く起こして、何とかしなくては・・・。

可笑しかったのは次男夫婦。久しぶりの赤ん坊にすっかり夢中。Kenに「もう一人、産んだらどうだ?」・・といわれる始末。抱いたりあやしたり、育児の先輩としておにいちゃんにアドバイスするも「育児法」も年々変わるそうです。驚いたのは「赤ちゃんをあまり大声で長く泣かせてはいけない」・・・・そうです。「脱腸になったり他の病気を起こしたりするから」・・だそうで、「大声で泣かせれば肺活量が増え元気な赤ちゃんになる」・・と思ってましたが・・・。

他にもあれっ?!・・・と思うほど「育児法」がトーヤたちの時からも変わっているそうで、私の知識なんぞ大昔のことで何の役にもたたないのかも・・・???

しかし、そんなことは知ったことではありません。なんとかかんとか言っては抱き上げあやして、みんなのおもちゃ。泣き出したらママに返して・・・。楽しく遊びましたが(遊んでもらいました)いつの間にか重くなっているのですね・・結構肩・腰に影響が・・・・。

昨日まで・・痛みでPCにもあまり向かえませんでした。今朝は少し元気を出して、「初泳ぎ」・・・痛みが少し治まって来たようです。

さて今夜はこれから「のだめカンタービレ・スペシャル」を見ます。ちょっとお恥ずかしながら、あのドラマ・・・可笑しくて好きです。最近テレビはあまりみないので、お笑いタレントの名前なんてほとんど知らず、ワイドニュースの番組の知識もAさんからの又聞きで済ませている私です。・・・・・明日もあるのよね。タノシミ・・・。さぁそろそろ始まるのかな・・・・??
[PR]
by hello-dolly-3 | 2008-01-04 20:56 | つぶやき