<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

臓器移植!!

・・・私のことではありません。
マイ・パソコン・・・「MY DOLLY」・・・入院して、大手術。「マザーボード」と「ビデオボード」の臓器移植で無事退院。・・・しかし医療費は高かった!!

ホームドクターのTさんからは5万円以上なら、少し足して買い替えを考えてみたら・・・とのご忠告を得ていたのだけれど、なんと¥42825・・・どうしたものやら・・・と迷いましたが、修理を決心。電話で返事をしたら・・・なんと翌朝には届きました。

早速、駆けつけてくれたTさんにいろいろ設定をしていただいて、私はただ感心してのぞいていましたが・・・。デスクトップはクラシック風。軽くて使いやすい。お帰りになってから、メールの設定なども何とか成功。

翌日からぼちぼちと、アプリをインストールして、もう90%以上は元に戻りました。しかし・・・気をつけないとアプリに入っているCDには本当にたくさんムダ(?)なものが入っているようでまたまた、似たような画像ソフトがいっぱい入ってしまいました。(なにせデジカメ4台)

・・・大変だったのは、あちこちの無料HPスペースの設定。メモをしていたのとパスワードが違っていて・・・ログインのパスワードとFFFTPのパスワードが違っていたなんて!・・すっかり忘れておりました。ボケ防止のためには時々は再インストールも必要なのかな・・・と?!

退院から一週間。・・・でやっと、ブログの更新。
最近、なかなか外に出かけられず、家の中で「テーブルフォト」なるものに挑戦・・・と思っているのですが、これもつい夢中になると中腰で・・・疲れます?!

「習作2」・・・は昔、妹一家が海に近い地方にすんでいたとき拾い集めてプレゼントしてくれた「ガラスのかけら」。波にもまれて角が取れ、不思議な光を発します。それに息子夫婦のおみやげ「石垣島」で拾ってきたかわいい貝殻や珊瑚・・。
これをガラステーブルの下に電気スタンドを置いて光をすかしてみたり、自然光で試したり。
c0047115_16564194.jpg

c0047115_16565226.jpg


翌日はポプリを入れるガラス瓶にいれて、窓辺の光で・・・
c0047115_16575654.jpg

c0047115_16581172.jpg

c0047115_16582424.jpg


潮風の音が聞こえてくるように・・・写したかったのだけれど?
[PR]
by hello-dolly-3 | 2009-07-31 17:16 | 写真

カルチャーショック!!

先週の土曜日、ネットの友人で隣の市で活躍の合唱団のコンサートに、出かけました。私のPRが良かったのか?!同じ合唱団の方がなんと16名・・・半数以上の方がチケットを買われました。

前回の定演から3年。お若い指導者のもとで、丁寧な声作り・・・・と表現。それこそHPのスケジュールを見てもその熱心さがわかります。

チラシのデザインの斬新さにまず、びっくり!!そして、チケットやプログラムにもセンスが光ります。プログラムは4部構成。

第1部は今をときめく信長高富さんの曲で寺山修司さんの詩「思い出すために」・・・詩は現代詩で曲は斬新。美しく歌うだけでは済まない難しさがあったと思いますが、最初に「詩の朗読」が入って、親しみやすく、とても親切な構成で勿論歌声も素晴らしい・・・。音取り・・・きっと難しかったろう・・・と思いますが。勿論そんな苦労は感じさせません。

第2部は「少年少女合唱団」とゲストのバリトンが加わり、「サウンド・オブ・ミュージック」・・・コーラス団は尼僧風のコスチュームで指揮者がマリア。バリトンのトラップ大佐と懐かしいおなじみの曲の数々が流れます。バリトンの「すべての山に登れ」はものすごい迫力でした。おまけに背景には「パワーポイント」で編集された「アルプスの山々」や「勿論「エーデルワイス」の花の画像が投影されて・・・。舞台演出効果満点!!

あの子供達が次々去って行く場面の「さよならごきげんよう」の可愛かったこと!!

そして3部・・・はなんと「ラプソディー・イン・ブルー」。ピアノ連弾です。ここの合唱団は贅沢に2人のピアニストをお抱えです!女性のピアニストはすらりと美しく、真っ赤なドレスに身を包みイントロのスケールの大きい華やかなメロディーに先ず引き込まれました。また、お若いお兄さんのピアニストが・・・カッコイイったら無い!!高音部を弾いている女性のピアニストと素早く入れ替わる仕草や、リズムに乗って長い脚全体を大きく揺らす仕草・・・私はファンになりましたと、ネットの友人に伝えていただきました?!・・・勿論迫力の演奏でした。ピアノとはなんと表現力の豊かな楽器なのかと(勿論演奏が良かったのですが)改めて感じさせられました。

そして4部はしっとりと、女声合唱曲集「風の詩集」・・・本領発揮です。なんて素直な美しいハーモニーでしょう! ソプラノからアルトまでが同一の音色。ハーモニーが有るのにまるでにユニゾンのようにまとまって聞こえるのです。

フィナーレに「メリーウイドー」からなんと「フレンチカンカン!!」指揮者は舞台の端から端まで歌い、踊り、走り・・・。コーラスガール達のダンスも(ラインダンス)とまでは行きませんが華やか!!ゲストのバリトン歌手も子供達も総出演で、大変な盛り上がりようでした。

音楽とは・舞台芸術とは・・・本当に楽しい物だと・・・此所まで聴衆を楽しませるまでは並大抵の努力ではなかったろうと・・・心打たれて・・ショックを受けて・・・自分たちとの力の差を見せつけられて・・・しょんぼりしながらも・・・「ここは特別・・・」・・・と私たちは私たちなりに、一生懸命やればいいのよ・・・と言い訳しながら帰ってきました。

さて、我が団から半数の方々がこのコンサートを聴かれましたが、皆さんどんなに感じられたか、明日お会いしてお話を聴くのが楽しみです。

・・・私には「カルチャーショック!!」・・・でした。

ただ力の差こそあれ、ここの合唱団と私たちの合唱団の求めている物は同じではないかと私は感じています。「美しく歌えるだけの合唱団は山ほどある。歌はただ綺麗に歌えていればいいのではない」「表現者(演奏者)は聴いてくださるお客様に楽しんで貰えるコンサート作りを・・・」・・・とコンサートの度にナベ先生から「こんなじゃ、お客さん帰っちゃうよ!!」・・・と叱られながら、私たちも頑張ってきました。その姿勢を本当に大切にしながら「歌」を作り上げて行かなければ・・・と思っています。

神様「私に良い声を下さい」・・・と神頼みではダメですね。メゾのニモさんにどうやったらそんなに良い声が出るの?・・・とお聴きしたら「息子を怒鳴りつける!!夫を怒鳴る!」・・・と教えて頂きました。なかなか実行出来ないで居ますが・・やってみたいと思います・・・?????
[PR]
by hello-dolly-3 | 2009-07-15 14:05 | コンサート

新しいレンズで

昨日、つもの公園に久々にポーターを従えて(?)出かけてみたけれど・・・。

カワセミは遠くの池の端にちょっと止まっただけで、逃げていってしまった。

・・でしかたなくなく・・・。

紫陽花・・・未だ綺麗でした。去年此所でレンズをドボン・・・してしまった。あれから早や1年。
c0047115_1423756.jpg

美人(?)の鳩を・・・
c0047115_1431367.jpg

睡蓮が池いっぱいに広がって、今年は見事です。
c0047115_1442426.jpg

もし上手く行けば・・・この辺りまで写せそうですが、ピントが悪いですね。よほど気をつけなければ・・・と思いました。
c0047115_1455332.jpg


2時間くらい待ちましたが、昨日は振られました。また挑戦してみます。

レンズ・・・キャノンEFーS 55-250mm IS +(レイノックス2.2倍テレコン)上から4枚目のみ。
とても軽いレンズです。お値段も・・・・。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2009-07-04 14:11 | 写真