<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ルナゴン・・・再び

昨日、岡山から届いた、甘い・甘い「種無しピオーネ」。
急遽、先日、梨園で親戚や友人に送ってもらったら、お土産に不ぞろいの立派なおいしい梨をたくさんいただいたので、長男の所におすそ分けすることにした。

近くのレストランで、お昼をと思ったのに、堅実なKちゃん。おにぎりお弁当を作って、少しおかずを買い足し、近くの芝生の公園で、お弁当を広げました。おいしかった!!

空は青くて、じりじりと太陽が照り付けて・・。でもさわやかないい季節です。

ルナは「じいたん」が大のお気に入り・・・。

手を引っ張って、階段の上り下りをしたり、どんぐりを拾ったり・・・・サッカーボールで遊んだり・・・。
「じいたん」はルナの元気には「もう降参!!」でした。

パパがルナ画像には、目を光らせていますので、小さくして・・・。これなら許してくれるかな?
c0047115_21273776.jpg

小さな足で・・・サッカーボール、結構上手にけっていましたが・・・。
c0047115_21295861.jpg

c0047115_21301552.jpg

見事に転びました。でも泣かないでちゃんと起き上がりました。

お家に帰って、ドーナツとコーヒーをいただいて、ルナ得意「ジグソーパズル」のご披露。・・・毎回拍手喝采・・!!

猫の「桃太郎」は終始、無言・・・・??ニャンとも言いません。最近お隣から美しい子猫がベランダ越しに遊びに来るのに、おびえているそうで・・・・。すずめにも馬鹿にされて逃げられないそうで・・・なんとも小心者の名前だけ立派な「桃太郎」です。

行きの車では痛くて、シートを倒して行ったのに・・・。公園までの往復は・・・かなり大変だったけど、ほんとに楽しい一日でした。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2009-09-26 21:49 | つぶやき

ルナゴン登場!!

駆け足で秋が来ている割には今年は「スダチ」が遅いなぁ・・・と思っていたら、昨夜届きました。
近くても、電車で友人に持って行けなくて、郵パックでKenが送ってきてくれました。

メールで、長男の嫁のKちゃんに知らせると、早速今日午後、取りに来ました。
久々のルナゴン登場です。

NHKの「おかぁさんといっしょ」を録画したDVD・・・約1時間・・・家中走りながら、踊っていました。ちゃんと順番を覚えているらしく、チョイとタイミングはずれるものの、それらしきしぐさで踊ります。

ただしおかしいのは、片時も手放せない「ガーゼのハンカチ」を頭にかぶって(眠たいときによくやるのだそうです)動画に撮っても、顔が隠れます。動きが激しいのでカメラは追えません。かなりのおてんばさんです。

早いもので、もう来月2歳になります。Kenが駐車場まで迎えに行ったら「じいたん」・・といったそうで、「じいたん」がお気に入り。ちょっといなくなると「あれぇ~」・・・と「じいたん」探しに私の手を引いて家中を探します。

Aさんの息子さんからいただいた「電子ピアノ」。喜んで持って帰りました。ポーンと音を鳴らしては「上手・上手」と拍手喝采。周りも大変です。

・・・なんだか一番興味を示したのは嫁のKちゃん。小さいとき習ったきりで、すっかり忘れてしまったらしいのですが、「お母さんのところに習いに来たい」などと言ってます。
ママ用のやさしい、メソッドを持って帰りましたが・・・。少しは思い出すかしら?

電子でもピアノはいいです。身体から肩や腕からの力が指先にちゃんと伝わる。・・・下手でも音楽してる・・・という気持ちになれます。・・・弾いていたいけれど肩・首のコリが激しくて・・・・私には目の毒でした。

ママが楽しそうに弾いていたら、きっとルナもそのうちお稽古を始めるかも・・・・。

それにしても、アーヤ(小学5年)の青いバイエルはどこまで進んだかしら?それとも止まってしまったか?!お稽古事は好きで始めても必ず毎日の積み重ねが必要。今の子供たちは忙しすぎる。
アーヤは今バスケットボールに夢中。・・・それもいいことです。

楽器が家にあればきっと、いつかまた夢中で弾きたいときが来る・・・?・・・でしょう・・・・?

ルナゴン・・・は、「レゲエ」と「島歌」で育った子。いったいどんな音楽性を持っているのやら・・・??
[PR]
by hello-dolly-3 | 2009-09-19 21:46 | つぶやき

情熱の街?!・・・新小岩

「新小岩」・・・と言えば今年の3月に「マーガレットのコンサート」の賛助出演で「江戸川区民総合センター」の立派なホールに出演したんだっけ・・・。

でも、タクシーであっという間に着いちゃって・・・。おまけに帰りは、夜になり、皆さんとよれよれ歩きで、なんか賑やかで威勢の良いアーケードを通り抜けた記憶しかない・・。

駅を降りたら、わぁつ!!・・・凄いエネルギーではありませんか?!
c0047115_1853166.jpg

c0047115_18535020.jpg
c0047115_18545564.jpg


今日は暑くて、散策・・・とは行きませんでしたが、きっともっともっと、おもしろいものがあるはず。
全く・・・私はお上りさん。どぎまぎしちゃいました。
下町・路地裏・・・また何時かトライしてみます。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2009-09-13 18:59 | 写真

北陸おんなひとり旅

・・・行ってきました。初めての北陸一人旅。

長い痛みに。今の治療に。失望して・・・やっとたどり着いた治療を求めて石川県は小松市まで・・・。

羽田まではKenが送ってくれました。
ネットでホテルパックを利用して、2泊3日の旅です。

出発前前日までは例によって、不安で痛み倍増。でも前日からは痛みも少し治まりこれなら大丈夫!!

心配そうなKenとゲートで別れ、いやはや小松空港の搭乗口までは遠い。

席は窓側を予約していました。出発前は離着陸時の耳の異常と腰の痛みを覚悟していたのですが・・・。
シートベルトのサインが消えたと思ったら、視界に富士山が、雲の絨毯に上にぽっかりと頭を出しています!!
c0047115_1343352.jpg

・・と思ったら、「南アルプス?」「中央アルプス?」山の名前は解りませんが、もしかしたら「乗鞍岳」???
それらが真っ白の雲の上から頭を出しています。感動的な美しさですが、お茶のサービス中で座席下に置いたコンデジを取り出せません。熱いコーヒーを無理矢理早く飲み干しカメラを取り出して、焦りながらシャッターを切ろうとしても窓越しの画像ではエラーの続出。乗鞍らしき山は真っ白で写っていませんでした。

・・・でもまもなく、あれは「立山では無いのかしら!!」
c0047115_13493578.jpg

絶対そうだと思いこんでいます。だって他に高い山は見えないし・・・。
こちらは黒部渓谷?!!
c0047115_1352229.jpg

カメラは相変わらずエラーが出ていますが、もう無視して写しました。

飛行空路を調べて見ましたが、「黒部立山は小松空港便なら右手に見えるはず」なのですが、きっと私にサービスをしてくれたのだと思います。(おめでたい私(*^_^*))

それを過ぎたらすぐにシートベルト着用のサインが出て電子機器を禁止されました。

そして、「日本海・北陸の海岸線」・・・・波が荒く、青い海に白いレースの縁取り!!
あぁ!!撮影禁止は・・・何とも残念!!・・・でも目に焼き付けました。

アレ??耳抜きも気圧の変化で痛むはずの腰のことなんかすっかり忘れて、小松空港に到着。
すぐタクシーで行き先を告げるとタクシーの運転手さん「ここ2年ばかり前から、こちらの病院に患者さんが、多いですね。皆さん遠くからですよ!!そんなに有名な病院なのですか?」・・・とあきれていらした。今は情報社会。ネットの力は大きいです。私はもう5年も前からこちらに関心を寄せていたのですが、決心が付きませんでした。

すぐに病院に着きました。患者さんは多いけれどそんなに待たずに呼ばれました。先生はネットのお写真通りの優しい感じ。私は前日今までの「腰痛歴」をながながとワードに書いて読んでいただきましたが余り長いので、そのままお預けしました。、最後まではきっとお読みになれなかったと思われます。

早速診察。あちこち・あちこち、自分では思ってもいなかったところに飛び上がるほどの痛みがありました。
病名も変わりました。そして「きっと」治るでしょう」とおしゃって、「トリガーポイント注射」を痛みの場所に打ってくれました。腰だけと思っていましたが、首・肩が・・何でこんなに凝ってるの?・・・と不思議がられたほど・・・。

「午後からも、様子を見ましょう」と言ってくださいました。皆さん遠くから来た人は、午前と午後2度治療をしていただいています。待合室で品の良いご年配の方に「どちらからいらしたの?」と声をかけていただき、いろいろ教えてくださいました。「この辺でどこかお食事の出来るところは?」とお聞きしたら「このあたりは何んにもなくて、前のコンビニでお弁当を買って皆さん2階のレストルームでお食事をして午後の診察を待ってるんですのよ」と・・・。

・・でそこで、いろんなところから治療にいらしている方たちとお知り合いになり、皆さんの話を聞いて大いに盛り上がりました?!みなさん重い症状を抱えていらっしゃるのにとっても明るい。そしてどうしてこんなにステキで明るくて優しい方たちが「痛み」に悩まされなければならないのか?と、私は何処かその辺にヒントがあるような気がしています。

皆さん最初の痛みは「ストレスから・・・」・・・それに気づかず、病院を転々として、しなくても良い手術を受けたり・・・大きな権威ある大学病院で受けた手術にもかかわらず、痛みは消えず、どうして痛みが消えないのか?どこからこの痛みは来るのか?だれも答えてはもらえなかった・・。

そしてここの先生にたどり着いた方たち・・・。痛みがあっても、明るいのは「きっと治るという希望があるから。先生を信頼できるから・・・」だと思います。

小松の町はお寺の多い町。デジイチを持って行くかコンデジを持って行くか?さんざん迷ったけれど、重さに負けてコンデジ。まっ!治療目的ですので・・・その元気はいずれまた出てくるでしょう。

ホテルはこんな感じ。狭いけれど清潔な感じ。
c0047115_15175372.jpg

帰りに駅前のデパ地下で「おついたちの特別メニュー、加賀料理のお弁当」を買いましたが、お安くて、美味しくて豪華で、食べきれませんでした。見かけは京風・美しく洗練されている。でもお味はしっかりと関東風」・・・さすが「前田家の伝統料理!」そうそうお食事前には「天然温泉(?!)」に入って来ました。
c0047115_15183887.jpg

瓦屋根が独特の町並みです。
c0047115_1531938.jpg

翌朝は非常口からベランダに出て、小松の町をあれこれ写してみました。南に山。北に日本海。すてきな町ですが・・・。暮らしは厳しいのかも・・・?
c0047115_15312588.jpg


3日間で6回の治療を受けて、昨日元気に帰ってきました。今朝は痛いけれど、きっと疲れが出ているからだと思います。1ヶ月1度、我が家からは40分もかからないところへ「出張治療」に来てくださるそうで、予約をお願いしてまた受けたいと思います。

治ると良いなぁ・・・「治りますよ!治しましょう!」・・・先生の言葉が頼もしい。
「治します・・・」・・・と私。
長い痛みですので、きっと簡単な物では無いと覚悟はしていますが・・・。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2009-09-04 15:57 | 旅行