<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

平城京遷都1300年祭の旅-2

翌日は、3日前から奈良観光を終えた仙台からいらしたAさんと体調の良くないOさんの奥様をのぞく8人が、自家用車とタクシーに分乗して「明日香の里」を訪ねました。

地元では「ふるさと歴史研究会」に属して歴史に詳しいOさんの解説付です。
まずは、「神武天皇の御陵」参拝。
私たちの・・・ご先祖様やも知れません。この広い広い奈良盆地に都を作った方です・・・。いえその前に「卑弥呼」のまぼろしの「邪馬台国」がここにあったのかも・・・・・・。
c0047115_209695.jpg

あちらこちらに、もこもこと木が茂っている小山はほとんど古墳だそうです。そして車は「藤原京」の遺跡の脇を走ります。赤い杭は礎石の跡でしょう。向こうの三角山は「耳成(みみなし)山」。「畝傍山」「天香具山」とで大和三山。なんと・・・かわいらしい山でしょう!!
c0047115_20154851.jpg

そうですここは「万葉集の里」です。「藤原京資料館」でアウトラインを頭に入れて・・・
c0047115_20164343.jpg

藤原京跡と天香具山
c0047115_20172165.jpg

車は藤原京を一望できる「甘樫が丘展望台へ」。

・・・とここで、足腰の悪い私のためにOさんの心遣いでクシーには「車椅子」が用意されてました。タクシーの運転手さんが「私が押します」・・・と言うのへ夫が「ボクが押します!」・・・。しかし夫がトイレに行ったり、たばこを吸っているうちに車椅子はタクシーのドライバーさんが押して出発。・・近頃少し体重が増えてきている私・・・さぞ重くて大変だろうと小さくなりながら・・・・。

いきなり急坂です。後ろからドライバーさんの息が苦しそうなのが聞こえます。「主人が代わります」・・・と言って後ろを振り向いても夫の姿は見えません。道はアップダウンが多く、下り坂はブレーキをかけながら、上手に運転してくださいますが・・・・。なかなか道は遠い。これではお気の毒。「お父さんは~~~?」と見ると、皆さんの一番後ろをあえぎながら上っているではありませんか!!

呼んでも聞こえません。・・・全く、申し訳なくて・・・。・・・しかもドライバーさん途中で道を間違えたらしく大回りをしてしまったそうで、木の階段を上らなくてはならなくなりました。

「ホーラ!Kenちゃ~~ん!Dollyちゃんをおんぶだよ!!」・・・と「トーチャンズ6」が冷やかします。
夫とOさんの肩を借りて急な階段を何度か登り、やっと展望台に着きました。「・・・・何が『ボクが押します』だよ!!・・・1番後ろからやって来て・・・!!」とみんなにさんざん冷やかされて、Kenと私は運転手さんに頭を下げっぱなし。

見晴台からは遠くの山々まですっきりと澄んで見えます。大和三山と藤原京跡・・・・前日見た「平城京跡」と重ねて想像することが出来ました。
畝傍山
c0047115_20432497.jpg

耳成山
c0047115_2043488.jpg

そして天香具山
c0047115_20441866.jpg

ここは春は桜、秋は紅葉と美しく、大勢の人で賑わうところだそうです。
大化の改新で焼けた蘇我蝦夷・蘇我入鹿親子の屋敷の跡が発見(Kenの「ノート」では平成17年11月13日新聞で発表されていたそうで)された跡。聖徳太子の生まれた橘寺・・・・などもここから見ることが出来ます。

下りもドライバーさんに「車椅子」はお任せ。すっかり自信をなくしたKenです。・・・最近ではゴルフもカート付でなくては行きませんしね。特に足腰を鍛えているわけでもなし・・・・。フラットなところでないともう夫には無理でした・・・。

・・・と甘樫が丘を下りて一休みの、元の名を「トーチャンズ・イレブン」・・・とでも名付けたとすればそのうちのメンバーの「トーチャンズ・シックス」です。画像は・・・まぁ小さくね・・・。みんな同じ年。
c0047115_20592479.jpg

その後飛鳥寺で日本で一番古い大仏様をお拝み、明日香の石舞台へ
c0047115_21495167.jpg

蘇我馬子の墓といわれているそうですが、巨大な石を一体どこからどうやって?そしてこの石組みはどんな意味が?・・・・中に入れるようになっています。
c0047115_21531189.jpg

・・・その後「あちらの方向に鬼の俎・鬼の雪隠などという石の墳墓があります」と車の中からガイドのOさん。欽明天皇陵と猿石のある吉備姫の墓を見ました。ここに猿石という奇妙な石像が・・・?不思議なところに不思議な物が・・・と感じます。

ふるさと研究家のOさんによれば「明日香は石の文化」・・・とも呼ばれるそうで、そういえば「酒船石」「亀形石」など多くの不思議な石がありますね。

そしてこの後・・素敵な古民家を改造した美味しいお食事所で、創作懐石を頂くことになるのですが・・・。
続きます・・・・。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2010-05-31 22:30 | 旅行

平城京遷都1300年祭-1

奈良にお住まいの夫の大学時代の友人Oさんが当時からの親しい友人たちに声をかけてくださって、ご夫婦連れで、10人が奈良に集まりました。

もう10数年もお会いしていなかった方たちで、集合場所の「橿原神宮前」のホテル付近で、お散歩中のAさんと通りすがっても、すぐには気づかなかったほど・・・。「年とったねぇ?!」とお互い自分の老けた姿を自覚していない挨拶には、笑ってしまいました。

・・・で、広い奈良盆地での遷都1300年祭のごく一部を、私の身体に合わせてのスケジュールでの2泊3日を楽しんできました。

第一日目。朝5時半に家を出て、新幹線「京都」で近鉄に乗り換え「大和西大寺」につきました。まずはシャトルバスで話題のメイン会場「平城京跡」へ。できあがったばかりの「大極殿」がお目当てだったのですが・・・。とにかく広い広い!!混んでる!!しかもその日は暑かった!!

ロッカーに荷物を預け、キスデジ・28mm-300mmの望遠レンズとリコーのGRD3を持って、歩く歩く・・・。

まずは平城京入り口に堂々とそびえる「朱雀門」
c0047115_9344988.jpg

近鉄の線路を渡って・・、黄砂(?)にかすんで「大極殿」が遠くに見えます。はぁ・・・あそこまで歩けるのか?!・・心配ですが・・・。
c0047115_9382314.jpg

途中、未だ発掘調査されていない(?)広場の草原に上ったらけたたましいおっきな声が・・・・。
後で調べたら「ケリ」・・と言う日本最大のチドリの仲間だそうで・・・。つがいで騒いでおりました。広大でのどかな都の跡です。
c0047115_103688.jpg

だんだん「大極殿」が近づいてきましたがなにやらイベントをやっているらしくヒラヒラと、踊っている一群が見えます。早く行きたいけれど、まだまだ遠いです。

まだまだ続きます・・・。
↓(ポチッと押してください)

More
[PR]
by hello-dolly-3 | 2010-05-29 12:11 | 旅行