<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

紫陽花・・・哀れ・・・!

夕方、5時を過ぎても未だ外は明るい。・・・そうです今日は夏至。1年で一番陽が長い日なのでした。

お昼寝2時間。おやつにサツマイモ(最近の定番。先月までは石焼き芋だったのがもう売って無くて、仕方なく千葉産・紅あずまを蒸かしている)を食べて、夕飯の電気釜のスイッチを入れて、おもむろに奥様お出かけ・・・。(いいご身分!!)

お散歩カメラRICHOのGR-D3を首にぶら下げて、久しぶりにいつもの公園で「紫陽花」を・・・と。

お玄関で明後日からイタリア旅行にお出かけのAさんにばったり・・・かごいっぱいに「杏」が・・・。この前畑にご一緒して杏が熟さなくても全部もいで出かけなければ帰ってきたら熟れて落ちてしまう・・・と心配してらしたけれど、結構いい色に熟れてきている。レジ袋に一杯分けてくださり、我が家のドアノブに引っかけておいてくださいとお願い。(良いご身分!)

で、いつもの公園の紫陽花がきみだれているはずの場所が・・・
c0047115_21265184.jpg

一株残らず切り取られてしまっていました。一体誰が、何のために・・・・。
がっくりして土手をおりました。

しかたがなくわんちゃんをなでなでさせて貰って、見事な尻尾を写させて貰ったり・・・して
c0047115_21291791.jpg

この公園を後にしました。
c0047115_2130670.jpg

工場をぐるっと回って工場の寮の紫陽花を写して帰ろうかと思ったら・・・きれいな紫陽花を植えたお家のお庭が見えました。素敵な可愛い色です。
c0047115_21324736.jpg

c0047115_21332043.jpg

c0047115_21334079.jpg

この可愛い花を何度も挑戦したのですが、全部ボツで、未だ色づいていないこの蕾だけがきれいに撮れたかな?
c0047115_21354078.jpg

RICHOの花撮り・・・かなりなものです。もっと良い状態の花を撮りたかったけれど・・・。

帰り道・・自転車が・・・。きっとここにおいて公園でジョギングかな?何時かもこの自転車撮したっけ!?
c0047115_21404458.jpg

調剤薬局の近くに、「ママチャリ」が。凄い装備です。今のママも大変だなぁ。
私も前後に息子を乗せて、前のかごには食料品をいっぱい載せて自転車で毎日お買い物に行っていました。あのころは元気だったなぁ・・・!!
この自転車のママはお薬を取りに来たのか・・・。お子さんお熱でも出たのかしら・・・?
c0047115_21471625.jpg


さて、我が家に帰ると忙しい。炊飯器の中にもうすぐ炊きあがるご飯の中に茹でて冷凍しておいたグリーンピースを入れて蒸らす。魚はムニエルに・・・。電子レンジでジャガイモを茹でて、タマネギとソテーして付け合わせに。変な献立ですが、油揚げと小松菜の煮浸しもタップリと・・・。

お夕飯の支度をしながら、杏の皮をむき種を出し、少し水を入れてコトコト煮ながら、夕食をすませます。
ドクダミの花が今日の食卓を飾ります。不思議とあの強いにおいは切り取ったらしないのです。いい花でしょう?
c0047115_2159568.jpg

杏の水分を飛ばして砂糖をタップリ入れて、かき混ぜる・・・立ってると腰が痛いし、腰掛けるとお尻が痛くて・・・結構大変なのですげけれど・・・。これだけ動けるようになったのは大したものです。

ビンを煮沸して、できあがった「杏ジャム」を入れます。2つのビンにちょうど入りました。食パンをちょっとだけ切って・なべについたジャムのお味見・・・。とっても甘酸っぱくて美味しい。未だお鍋に沢山くっついています。明日の朝はこのお鍋がジャムの瓶の代わりに食卓にデンと据えられるそうです。(夫の提案)

あぁ・・・!ジャムの写真を撮るの忘れてました(>_<)
[PR]
by hello-dolly-3 | 2010-06-21 22:21 | 写真

平城京遷都1300年祭の旅-4

途中下車が長くて申し訳ありませんでした。
最終日・・・「秋篠寺」です。

橿原神宮前のホテルで朝食を終えたら、昨日お別れをしたはずのOさんが・・・・。
昨日あれから畑に出て、「エンドウ豆」と「苺」を収穫して、わざわざ持ってきてくださいました。
「奥様の具合は?」とお聞きするとやはり腰が痛くて、これから病院だそうで・・・。一昨日の夜の会食であまり「腰痛」の詳しいお話が出来なくて残念でしたが・・・。痛みは早くどうにかして止めなくてはなりません。

・・・なのに・・・。苺はきれいに洗ってヘタを取って、プラスチックの容器に入れてくださり、ふっくらときれいなグリーンのお豆ご飯のおにぎりが・・・・未だホカホカと暖かい・・・。なんて優しいお心遣い・・・。腰が痛いのに・・・・きっと我慢強い方なのですね。・・・でもお昼のお弁当が楽しみです。

ちょっと早くホテルを出て、一昨日降りた駅「大和西大寺駅」の反対側のバス乗り場から「秋篠寺」行きのバスに乗りました。
お寺は閑静な住宅街にありました。ここに「伎芸天」というとっても美しいご仏像を是非観たいとやって来たのです。平城京の凄い人数と比べると本当に隠れたみどころ・・・と新聞で紹介されたとおり、静かに拝観できました。
c0047115_1838283.jpg

お庭の苔が美しい・・・。
c0047115_1838519.jpg

本堂は国宝です。
c0047115_18421075.jpg

残念ながら、内部は撮影禁止。知らずにシャッターを切ったとたん「撮影禁止です!」と参拝客からのご注意が・・・。間違ってシャッターを押してしまったボケボケ写真です。「伎芸天さま」
c0047115_1845020.jpg

伎芸天の頭部は平安時代に作られた物で、寺が焼け出されたとき、頭部だけ持ち出されたらしく、お身体の方は鎌倉時代に作られたらしいです。
お顔は下から眺めると、そっと大きな眼を細めて、彫りの深い、天平美人と言うよりとても現代的なお顔。優しい・・・とっても美しいお顔です。ちょっと首をかしげ、豊かなお身体が少し踊りを踊っているような・・・。ヒンズー教の影響を受けているような・・・・。手がとっても華奢で指の形がまた美しい。

芸能・芸術関係者の信仰を集めているそうです。宝塚ガールやピアニスト他演奏家などが公演の成功を祈って、参拝に来られるそうで、私も来年2月予定のコーラスのコンサートの成功をお祈りして御札を頂いてきました。

他にも、「日光・月光菩薩像」など重文に指定されている仏像が奉られています。

暗い本堂から外に出ると若葉が目に染みます。かなり気温は冷えてきています。さわやかですが。
鐘楼もありました。
c0047115_20514276.jpg

紅葉の実?ヘリコプターみたいに飛んで行くのですよね。
c0047115_2055962.jpg

静かで・・・美しい良いお寺です。ここに来て良かった・・・と思わせられました。
記念写真を撮る方たち・・・。
c0047115_10285386.jpg

私も最後に登場しましょうか?(よく見えましたか・・・?)
c0047115_21491789.jpg


西大寺駅までまたバスで戻り、おみやげを買う時間を30分として京都からの新幹線の指定席券を買いました。かなり忙しかったけれど、、フランクフルトのコロッケと奈良牛のコロッケを買っておにぎりのおかずにすることにして、京都へ・・・・。新幹線の窓から五重の塔が見えました。

「京都も良いわねぇ・・・。秋にはもっと元気に歩けるようになってたら、京都にまた来ましょうね」・・・とKenと話しながら・・・・。

Kenは早速ビールを空けてお昼ご飯です。真っ白のご飯に緑のお豆、おにぎりの底には美味しい塩昆布が忍ばせてありました。「O君の奥さんの手はDollyの手より大きいのかな?おにぎりが大きめだね?」などと言いながら(私だって大きくも小さくも握れますよ。お腹がいっぱいになるように握ってくださったのよね)とても美味しく頂きました。

たくさんあった苺も全部平らげて「あぁ充実したお弁当だった!!美味しかった!」・・・と大満足の2人でした。

さてその後は、眠たい事眠たいこと・・・「あぁ!名古屋・・・」と思ったらまたコックリコックリ・・・。あっという間に東京駅に着きました。2度ほど乗り換えて3時過ぎには家に帰り着きました。

ゆったりした旅でしたが、せっかく奈良まで行けたのだから、興福寺や大仏殿も観たかったけれど・・・もうこれで充分です。私の体力に見合った楽しいいい旅でした。

旅のブログでのご報告が遅れたのは新しい療法の鍼治療を続けて受けている所為です。かなり深く沢山の鍼を刺す治療ですので揉み返しが3~4日かかり、治ったと思ったら次の治療の予約が・・・・。と言うわけで、元気ですけれど、なかなかPCの前でじっと座っていられなくて・・・・。

長々と失礼いたしました。最後までご覧くださった方々にお礼を申し上げます。ありがとうございました。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2010-06-20 21:56 | 旅行

ブブゼラ

奈良旅行から未だ帰り着かないけれど・・・・。(秋篠寺・・・お楽しみに?!)

昨夜Kenと話してたのだけれど、サッカーW杯の「ブブゼラ」という民族楽器の音が、まるで耳鳴りのようで不愉快でしかたがない・・・。

「低いB♭の単純な音・・・絶対音響効果で消せるはず・・・。なんとかしてもらいたい」・・と言っていたら、今日の夕刊にフランスのCATV局でこの音をほぼ完璧に消すことに成功。ブブゼラの音だけをカットして、他の観客の声援やアナウンサーの解説の声はそのまま聞こえるらしい。

日本でも、早速実行して欲しいなぁ・・・・。民族楽器の良さは良く解りましたから・・・。
とか・・言っていますが、昨日の「韓国・ブラジル戦」・・・お風呂に入れ入れとKenにせき立てられて、仕方なく入ってる間に、2点追加で・・・(>_<)。どっちが勝っても良いけど「シュート」をリアルタイムで見たかったなぁ!!

あっ・・・今日は「デジャヴ」を見ようかな。デンゼル・ワシントン・・・結構好きで・・・。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2010-06-18 19:36 | つぶやき

平城京遷都1300年祭の旅-3

いくら「気まぐれ日記」とはいえ・・・ちょっと間が空きすぎまして失礼いたしました。
ちょっと風邪をひいたり、鍼治療の後の「揉み返し」がつらかったりで・・・・。

実は昨日も、鍼を受けてきたのですが、年を取ると筋肉の痛みは後になってやってくる・・・というのは本当で多分明日くらいから痛みが・・・・・やってきそうなものですから・・・今日は急いでアップロードしておきます。

さてその「古民家」のレストランです。
こんな感じ・・・。
c0047115_2192874.jpg

お玄関に可愛いリスがお迎え・・・。
c0047115_21115031.jpg

広い三和土からお玄関をあがると、おひい様と於福様がお出迎え。
c0047115_2113122.jpg

女性はこういうのにすぐ眼が行くのよね。Tさんの奥様と「アラ、素敵!!」
c0047115_21143912.jpg

中は大きなお座敷そのまま。仕切りをのれんやカーテンで・・・。
テーブルが変わっている。何処か東南アジアの寺院の扉のような物が箱の下にあってその上に厚いガラスを乗せてある。
c0047115_21183175.jpg

前菜・・・済みません。美味しかったのだけ覚えています。全部平らげました(^_^;)器がモダン。
c0047115_21212139.jpg

その後沢山次々と、美味しい物が出ましたのに、つい食べるのに夢中で・・・・。
これはここのお店ご自慢の「レンコン団子」美味しかった!!・・・後でこっそり作り方教えていただきました。
c0047115_21233532.jpg

ここは難波(?)で評判の良いお店をこちらに引き抜いたらしいとのこと、創作懐石料理で、鰹のたたきなどは洋風。ちょっとマヨネーズなども使っていて、・・・でもおもしろい味でした。我家でもまねしたい感じ・・・。
c0047115_21282130.jpg

可笑しかったのは「最後のご飯」とお肉料理が同時に出てきて・・・私は牛肉の野菜巻き揚げ・・・一切れしか食べられませんでした。

そしてそのご飯が大きな素敵なご飯茶碗に半分だけ!美味しいちりめん山椒が乗っています。男性陣はこれを見て・・・「わー!」と驚き「お代わりは出来るのかな?・・・」と心配。
c0047115_2140443.jpg

幹事役のOさん、早速尋ねてくださった。「どうぞ!仰ってください」とのこと・・・。なのに結局誰もおかわりをしなかったのです。中には体重90Kgの方もいらっしゃいましたが・・・。
「イヤー、この位にしておくのが身体には良いのかな?」などと・・・。我が夫も結構満腹になったようです。
お店の方もちゃんと計算されているのですね。
私は珍しく、ご飯は全部食べました。デザートのアイスクリークで締めくくり。

結構なお食事でした。これで¥3000のコースだとはお安いです。ただし誰もビールやお酒は頼みませんでした、自家用車で御案内してくださったOさんが飲めないのに、お気の毒ですものね・・・。

お店を出たら、近鉄の駅がすぐ近く・・・。ここでいったん解散となりました。「平城京」を観光する人。「長谷寺に行きたい人」「もうそのまま新大阪まで行って福岡に帰る人」・・・・私たちは引き続きOさんの車で楽しませていただくことになりました。

3年後の再会を約してお別れです。元気でまたお会いしましょう。今回いらっしゃれなかった方もきっとお元気になって、次回はもっと賑やかになるかも知れません。

さて、Oさんの車は細い道をぐるぐるとはしりながら、「高坂の町並」を通ってくれました。
細い石畳の道の両側に低い屋根の家が並んでいます。そしてガラス越しに見えるお座敷には「五月人形」が飾られ、観光客が楽しめるようになっています。
c0047115_2202440.jpg

郷土資料館にちょっと立ち寄り・・・見事な幟旗や鎧甲が飾られていました。
c0047115_22463119.jpg

細長い道の突き当たりには多分お城があったのでしょうね、

この高坂のお城には面白いお話があって、最初は日本一標高の高い山の上にお城が築かれ、家老以下家来の屋敷も山の上に築かれたそうな。・・・しかし水はあったものの、食料その他すべてを下から運び上げなければならず、1年もしないで山から下りてきたのだそうです。戦国時代ならともかく徳川中期のお話で・・・ちょっとお殿様勘違い・・・・。

ここがキトラ古墳なのですが・・・・。
c0047115_236030.jpg

全部建物で覆われ、完全に空調がされていますが、高松塚古墳の例もあり、キトラ古墳の壁画はすべてはがして別に管理され、今ちょうど遷都1300年記念で展示されている・・・という情報が表示されていたので早速見に行ったのですが駐車場は満車。入場者の長い列が・・・。これはダメ・・・すぐ引き返しました。
高松塚古墳はこのあたりにあるらしい・・・。車中から眺めました。壁画は悲惨なことになっていて・・・。本当に嘆かわしい事です。
c0047115_237163.jpg

キトラ古墳の壁画は見られませんでしたが「橿原考古学博物館」に案内してくださいました。
ここは立派な施設です。Oさんはここの会委員で証明書でフリーパス。私たちは「特別展示期間」につき有料でしたがOさんのおかげで少し割引がありました。
中国の秦の時代からの古墳や2000年に発掘調査されたばかりの、古墳の壁画の模写や、埋葬物など本物も多く展示されていました。
c0047115_221929.jpg

面白い「駱駝に乗る人」・・・これはコピーではなく本物です。
この度の13000年祭に中国もかなり協力をしてくれているそうです。
c0047115_22291021.jpg

藤原京跡から出てきた、唐三彩やそれをまねて作った和製唐三彩などもあり、とても興味深い・・・。
イスラム圏からの陶器の破片も・・・。ブルーの色がなにやらトルコにいった時に見た陶器を思い出させます。
シルクロードを通って来たのですね・・・。夢がありますね。どんな人が何に使っていたのかしら?
c0047115_22335987.jpg

展示物は多く、興味はつきないのだけれど、お昼ご飯の後、お薬を飲むのを忘れてて痛みが出てきてしまって・・・・とうとう椅子に座り込んで洗面所で痛み止めを飲む羽目に・・・。
それを見たOさんすぐにここを引き上げる事に。奥様も腰痛持ちですので気遣いが細やか・・・。
外に出るとちょうど小雨が降り出したところで、ぬれずに車に乗り込みホテルまで送ってくださって、お別れ・・・。

Oさんのすばらしく計算し尽くされた明日香の里の観光でした。この土地に生まれ、転勤族で日本中あちこちでお仕事をされ、東京近辺にお家も持たれたのに、こちらに帰っていらしたOさんご夫妻。

生まれ故郷での暮らしを本当に上手に楽しまれていらっしゃる。広い畑でお野菜を作り、月に1度は「ふるさとの歴史研究会」にお出になり、資料館や博物館でもお知り合いがおられて親しくされていらっしゃるのを見て、週に2度の図書館がよい。2か月に一度のゴルフ。時たま東京での親睦会・・・・位のKenはこれで寂しくないのかな・・・?と思ってしまう。

ふるさとに帰れなかった・帰らなかった私たち・・・・ふるさとでしっかりと根を下ろされたOさんご夫妻・・・・比べてもしかたがないけれど・・・それぞれの幸せを求めてこれからも生きて行かなければなりませんね。

ホテルでの夕食はお昼のご馳走でお腹が空かない私は「お野菜の前菜」と「茶そば」にしました。Kenはちゃんと「定食」を・・・。もちろんビールと焼酎のオンザロック。

明日はここを離れ「秋篠寺」の「伎芸天」・・・東洋のミューズを見て帰途につく予定です。
[PR]
by hello-dolly-3 | 2010-06-12 23:30 | 旅行